自宅や専門店などで酸素カプセルを利用しよう

酸素カプセルってどんな物?

酸素カプセル内は、気圧が高くなっています。
普段私たちが生活している気圧は、1気圧です。酸素カプセル内は、1.3気圧になっています。

 

これは、水深3mの水中にいるのと同じ圧力が身体にかかります。
気圧を上げる理由は、体内の血液に酸素が溶けやすくなるからです。

 

これは炭酸飲料水を飲む時にふたを開けると、飲料水が噴き出てきそうな気流が発生する原理と同じです。
炭酸飲料は液体に二酸炭素を溶かした状態で販売しているので、容器内の内圧を4気圧ほどに保っています。

 

その為、ふたを開けると気圧差が生まれ、一気に二酸化炭素が大気に戻ろうとする現象が起こります。
二酸化炭素はコップなどに注いだ後も少しずつ抜けていき、最後にはただの液体となります。

 

これは、気圧が高いと気体が液体にとけやすくなる法則を利用しています。
酸素カプセル内では、気圧を高める事で血液に気体である酸素が溶けやすくなります。

 

すると、酸素の行き渡った血液が体中をめぐる事になります。
この酸素は、140億の脳細胞や50兆の身体の細胞に行き渡り働きを活性化させ新陳代謝を促進させます。

 

新陳代謝が高まると、集中力も高まり、眼精疲労、肩凝りなどにも効果があるとされています。
また、冷え性の改善やダイエット効果も期待できると言われています。

 

酸素カプセルの効果は、約72時間持続すると言われています。
また酸素カプセルを使用した後に、有酸素を行えばダイエット効果が更に高まると言われています。

 

酸素カプセルを利用するには、エステや整体院、専門サロンなどに行きましょう。
各社にホームページやブログなどで、酸素カプセルが紹介されています。
お得なクーポンなどもありますので、いろいろと比較検討して利用しましょう。

 

 

酸素カプセルを利用するとどうなるの?

最近健康器具としても話題の酸素カプセルには、さまざまな効能があります。
酸素カプセル内部は、一人が寝る事ができる程度のスペースです。

 

酸素カプセル内に入り密閉し、カプセル内を加圧装置によって気圧が1.3気圧程度になる様に加圧していきます。
酸素カプセルによっては、酸素濃縮機も併用します。

 

酸素濃縮機は、通常の酸素濃度より酸素比率の高い空気を酸素カプセル内に充填する仕組みとなっています。
加圧された酸素カプセル内部で横になる事で、通常より血液中に酸素が溶けやすくなり、身体の細胞に酸素が行き渡ると言われています。

 

酸素カプセルの効能はさまざまで、代表的な効果となるのが疲労回復です。
慢性的な疲れに悩まれている方は、1度の利用でその効果を実感する事ができると言われています。

 

 

 

また、継続的に酸素カプセルを利用すると、体質が改善されて疲れにくい身体になると言われています。
酸素カプセルをアスリートのプロチームが施設内に設置していたり、オリンピックに持ち込んだりするのはこの疲労回復効果が大きな理由だと言われています。

 

酸素カプセルを利用すると、各細胞に酸素が届けられるので皮膚細胞の活性化により肌の新陳代謝も活発になります。
すると、皮膚のターンオーバーも整いますので美肌効果が期待できます。

 

酸素カプセルでは、効果的に肌細胞に酸素を届けられるので美肌効果にも優れた影響を与えます。

 

酸素カプセルは体内に多くの酸素を行き渡らせる事ができるので、新陳代謝が活発になり脂肪燃焼効果が高くなります。
しかも、酸素カプセルに入り過ごすだけで酸素を大量に取り込む事ができます。
また、細胞が酸素を取り込み活発に働くので基礎代謝も高まります。

 

更新履歴