ハードタイプの酸素カプセルについて

ハードタイプの酸素カプセルについて

ハードタイプの酸素カプセル素材は、鉄やアルミ、繊維強化プラスチックなどが多く用いられています。
その為、大変に丈夫で耐久性にも優れています。また、長時間の使用に耐えられる事や高級感がある事も人気の理由のひとつです。
さらに、ソフトタイプで問題視されるエアー漏れについては、機密性が高いのでしにくいと言われています。

 

ハードタイプは、色やデザインの種類も大変に豊富です。機能性にも優れており、マイコン制御やオートマティックタイプが主流となっています。
その為、お1人でも簡単に使用できるのが魅力です。ソフトタイプとの違いは、スタートと同時に気圧が変化する事です。
また、充実した機能がありますので、ソフトタイプと違い価格は最低でも100万円台からが主流となっています。

 

ハードタイプの酸素カプセルは、カプセル内部の酸素濃度を上げるタイプが主流となっている事も大きな違いとなっています。

 

ハードタイプの酸素カプセル内部は、ソフトタイプと比較すると暑くはありません。
しかし、カプセル内部のクーラーや除湿機能がついている物も販売されています。

 

ハードタイプの酸素カプセルは、 予算や配置スペースに余裕のある方や業務用としての利用される方に最適でしょう。
なぜなら、重量があり収納も出来ないので設置後の移動は複数人でおこなう必要があるからです。

 

またドアのサイズによっては、搬入できない場合もあります。購入前には、搬入経路を十分確認しましょう。
ハードタイプは、1.3気圧まで気圧を高める事ができるタイプが主流となっています。最近では、1.5気圧まで加圧できるタイプも販売されています。